接骨院の役割改善されない体の痛み、スポーツによる怪我などは、適切な処置が大切です。体に痛みを感じるところはありませんか?私たちが改善へと導くお手伝いをいたします。接骨院を上手に利用して、生き生きとした生活を取り戻して下さい。 労災・交通事故・各種保険対応の杉田接骨院
院と院長の紹介
治療内容と料金
手軽な健康法
分院の紹介
ホームへ戻る
  トップページ診察内容治療機器Q&ARICE処置法  
こんなときどうずる?Q&A
  RICE処置法  
  1.レスト 2.アイシング 3.コンプレッション 4.エレベーション  

1.レスト

レスト 動かすとケガをひどくするおそれがあるので、とにかく安静にします。骨折が疑われるときやひどいねんざの場合に、患部に副木などで応急固定するのもレストのひとつです。スポーツ現場では、どんなに小さな外傷でも、一度生じたら必ずプレーを休ませ様子を見ます。ケガをしてしまったという心理的ショックを休める時間でもあるのです。

2.アイシング

アイシング 冷却で炎症の広がりを抑えます。ケガをした直後、まだ患部が腫れてこないうちに冷やしはじめれば、さらに効果が大きいです。冷やす時間は15分ぐらいが目安です。
上へ

3.コンプレッション

コンプレッション アイシングを同じで、腫れや内出血を最小限に抑えるのが目的。きつく締めつけずに患部を軽く圧迫する程度にします。1回20分間が目安なので、アイシングと同時に行うといいでしょう。圧迫するだけにし、患部をもんだりしてはいけません。

4.エレベーション

エレベーション 患部を心臓より高い位置に保てば、血液やリンパ液の流れ込む量が少なく、出ていく量が多くなり腫れを抑えて早くひかせることができます。足首やヒザなら脚を高くして横になります。腕なら三角巾でつるといった方法がいいでしょう。
上へ
覚えよう!RICEの法則
ケガへの対応(ACCIDENT)=スポーツ傷害と応急処置
どんなに注意をはらっていても、突発的に発生する練習や、試合中のケガはつきものです。一生懸命プレーをしているために思いがけないアクシデントがおきます。そんなとき、その場での応急処置がその後の治療や回復に大きく影響してきます。放置しておくと、患部のダメージがどんどん広がってきます。そこで、RICEの法則をぜひ覚えておいて頂きたいと思います。
R(REST)……………安静
I (Ice) ………………冷却
C(Compresstion)…圧迫
E(Erevation)………挙上

※スポーツ現場では、常に氷やバケツに入った水、包帯、テープ、ガーゼ等は用意しておきましょう。
上へ

治療案内

Q&A
RICE処置法
Copyright (C) [杉田接骨院]All Rights Reserved.