スノーボードやサーフィンはスピードとバランスをコントロールしいろいろな体勢で行います。転倒時は思わぬ姿勢になります。体の柔軟性を高めてケガの防止をしましょう。 健康ストレッチ体操 ホーム

院長の健康講座
ストレッチの知識
発育期のストレッチ
野球・ソフトボール
バレーボール
水泳
バスケットボール
テニス・スカッシュ
ゴルフ
体操・新体操・ダンス
スキー
スノーボード・サーフィン
柔道・レスリング
サッカー
サッカー
サイクリング
ランニング
ウエイトトレーニング
卓球
剣道
バドミントン
接骨院トップページ院長の健康講座ストレッチの知識発育期のストレッチ野球・ソフトボールバレーボール水泳バスケットボールテニス・スカッシュゴルフ体操・新体操・ダンススキースノーボード・サーフィン柔道・レスリングサッカー1サッカー2サイクリングランニングウエイトトレーニング卓球剣道バドミントン
テニス・スカッシュの前後に行うストレッチ

スノーボード・サーフィン
主に使う筋肉:上腕部・前腕部・肩周辺部・腹部・腰背部・大腿部・下腿部

スピードとバランスをコントロールし、いろいろな体勢で行うため、脚力だけではなく、腹部や腰背部の筋力が使われます。転倒時に思わぬ体勢になります。体の柔軟性を高めてケガの防止をして下さい。 精神的にも緊張しますので終了後にはストレッチをしながらリラクゼーションをしてください。

種目特有の傷害
大腿部の肉離れ 大腿部の筋肉が強く収縮したときに、筋肉の組織が一部切れます。
膝関節靱帯損傷 大腿部と脛骨をつなぐ靱帯が、膝をひねることで発生します。
手首、肩の脱臼、骨折 スノーボード転倒時の手のつき方によって発生します。


【1】手の位置を変えて左右15秒間 【2】左右15秒間 【3】左右10秒間

【4】左右2回大きくまわす
各方向ストレッチ10秒間
【5】30秒間 【6】20秒間

【7】5秒間×3回 【8】左右30秒間 【9】左右10秒間

【10】左右20秒間 【11】20秒間 【12】左右10秒間×2回

【13】20秒間 【14】10秒間  
 

ケガや使い過ぎによる傷害の予防は、毎日のケアが大切です。しっかりやりましょう!
上へ

Copyright (C) [杉田接骨院]All Rights Reserved.