ゴルフは普段の練習から、かたよった運動の繰り返しになりますので、日頃のケアが重要になります。朝の早いスタートのときなど、充分なストレッチなどをして体を温めることが大切です。 健康ストレッチ体操 ホーム

院長の健康講座
ストレッチの知識
発育期のストレッチ
野球・ソフトボール
バレーボール
水泳
バスケットボール
テニス・スカッシュ
ゴルフ
体操・新体操・ダンス
スキー
スノーボード・サーフィン
柔道・レスリング
サッカー
サッカー
サイクリング
ランニング
ウエイトトレーニング
卓球
剣道
バドミントン
接骨院トップページ院長の健康講座ストレッチの知識発育期のストレッチ野球・ソフトボールバレーボール水泳バスケットボールテニス・スカッシュゴルフ体操・新体操・ダンススキースノーボード・サーフィン柔道・レスリングサッカー1サッカー2サイクリングランニングウエイトトレーニング卓球剣道バドミントン
テニス・スカッシュの前後に行うストレッチ

ゴルフ
主に使う筋肉
前腕部・上腕部・肩周辺部・腹筋・腰背部・大腿部・下退部


安定した脚力で体を回転させ、背筋、腹筋、腕でシャープなスイングを行います。普段の練習から、かたよった運動の繰り返しになります。腰に対しての負担がかなり多くなります。日頃のケアを必ず行って下さい。朝が早いスタートのときは、筋肉の柔軟性がありません。充分なストレッチや、少しランニングするなどして、体を温めてからプレイしましょう。

種目特有の傷害
ゴルフ肘 ダフリなどのミスやスイングの量によって、肘の関節の腱を痛めます。
腰痛 左右の背筋のバランスをくずし発生します。


【1】左右10秒間×2回 【2】5秒間×3回 【3】左右10秒間 【4】左右30秒間

【5】左右15秒間×2回 【6】30秒間
立ち上がるときは膝を曲げて ゆっくりと立ち上がります
【7】20秒間

【8】左右30秒間 【9】左右30秒間 【10】左右30秒間

【11】左右20秒間 【12】30秒間
膝を上下に動かします
【13】20秒間

【14】20秒間 【15】左右15秒間 【16】3回
手幅を変えて肩を返す

ケガや使い過ぎによる傷害の予防は、毎日のケアが大切です。しっかりやりましょう!
上へ

Copyright (C) [杉田接骨院]All Rights Reserved.